プラスワンインターナショナルなら絵に自信がなくても大丈夫

最新記事一覧

お店の広告塔として活躍

店員

接客にはユニフォームを

世の中には制服のない飲食店もありますが、最近はそんなお店も少数派になりました。いまはどこの飲食店も、お店ならではのデザインの制服を導入してそれを営業の中で上手に活用しています。確かに飲食店で従業員が制服を着ていると、お店の雰囲気がずいぶん違ってみえなくもありません。たとえば見た目のイメージ的として、きちんと統率がとれていて機能的な集団のようにみえます。従業員同士同じ服を着ているだけで、第一印象がそのくらい印象が違って見えるというわけです。また飲食店のようにお客も従業員も入り乱れている場所では、一目でお店の人間とわかる制服があると確認がしやすくずいぶん助かります。これが私服のお店では、従業員がどこにいるのかわかりにくく探してしまうことになるはずです。すると結果的に席を立ってレジや奥の厨房に聞きに行くことになり、店内が無駄に混雑してしまいかねません。このように従業員に飲食店の制服を身に付けていることで、お店にプラスになる部分がたくさんでてきます。それは求人募集の際にも同じことがいえ、可愛い制服ならそれを目当てに応募してくる方も少なくありません。飲食店側としてはその分多くの人材を確保できるので、募集や面接の手間を多少省くことができます。応募の動機が制服でも、人手不足が叫ばれて久しい飲食店に応募者が集まるのは悪いことではないはずです。うまくやればそんな需要が見込めることからも、飲食店に制服を導入するのは悪いことではないといえます。